水道工事に使われる素材

水道 工事に対する知識はそうそうあるものではありません。特に一体何を行っているのか、どんなものを使っているのか、きちんと理解している人は建築関係の人が多いのではないでしょうか。ですが、将来的な劣化の問題や水漏れといったことを考えた時に、自分の住んでいるところでは何を使っているのかを理解しておくことが重要です。メリットもデメリットもありますので、工事の内容とともに考えておかなければいけません。

■鉄管や鉛管

水道管といえば、工事に使われているのは、鋼管が基本でした。鉄製や鉛製のものが耐久性からも選ばれてきたのは間違いありません。ですが、さまざまな問題が出てきます。鉄は塩素を含んだ水を使うとさびやすく、小さなピンホールが開いてしまうという問題も発覚しました。
もちろんそのものを交換しなければいけませんが、鉛にはもっと大きな問題があり、水の中に溶け込んでしまったことが社会問題にもなりました。健康被害も考えられるようになり、現在は使われていません。鉛管が使われているところでは、交換に補助金が利用できることもあるため、もし使われている箇所があるのであれば、早めに工事をして交換することが重要です。

■新たな素材も

現在一般的なのは、塩ビとともに使われているポリエチレン管です。水道工事には、どちらかが使われています。用途に合わせて選ぶことになりますが、交換が容易にできること、化学物質に強く塩ビよりも熱や振動に強度を持っていることからよく使用されています。ただし、紫外線に対して耐性が低いため、遮光処置をしなければ外部で使うことができません。継ぎ手に関しても塩ビ管よりも高額になってしまうのは、専用のものでなければいけないからです。
新しく使われ始めているエルメックス管もあります。非常に高い耐熱性と耐寒性を持っている素材で、保温効果もありますが、低温でも高温でも耐えることができるところが特徴です。凍結しても割れにくいため、寒冷地でも使われやすい性能を持っており、特殊な接合によって漏水もしにくくなります。

■まとめ
水道工事に使われる素材もいろいろとあります。どんなものでもいいわけではなく、その場所に合った素材を使わなければいろいろな問題を引き起こしてしまうでしょう。そうなると、あとから交換するようなことも考えなければいけません。適切なものを使っているかどうかは、知識があれば判断できるようになります。工事をすべて任せるのではなく、自分たちで知識を持って判断することも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ