水を止めることから始まる蛇口の水道工事

水道を使うためには、水を出し、水を止めることが基本となります。基本的には蛇口を使って水を出したり止めたりしますが、蛇口はいつでも間違いなく使えるわけではありません。まれに故障してしまうのは、蛇口を構成する部品の中に消耗品も含まれているからです。状況によっては、修理工事だけでは対応できず、蛇口 交換しなければ水漏れなどのトラブルを修復できない場合もあります。特に蛇口の構造がわからないときには注意が必要です。

■蛇口には消耗品が含まれる

蛇口は、水量をコントロールし、水を出したり止めたりするために絶対になくてはならない部分です。水は自然に出てくるわけではありません。圧力をかけて送水されるために、蛇口をひねるだけで水を使用することができます。蛇口を閉めておかなければ水道が出しっぱなしになってしまうのは、それだけの圧力がかかっているからです。蛇口には小さな部品も多く使用されていますが、その中でもパッキンはゴム製品のため経年劣化する部品であり、消耗品になってしまいます。使っているうちに劣化してくるため、交換を考えていかなければいけないでしょう。水道の設備の中ではそこまで複雑ではないことから、自分で交換することもできますが、中には特殊な形状をしている場合があります。部品も取り寄せる必要がある場合もあり、自分で修理することが難しいと思ったら工事を依頼することが必要になってきます。

■水を止めてから行うこと

自分で修理するとしても、重要なことはいったん水が出ない状況を作ることにあるでしょう。圧力をかけて送水しているのですから、そのまま分解すると水が噴き出してしまうことになり大変危険です。水道管を見ると、必ず止水栓が取り付けられているのを見つけることができます。この止水栓を閉めることで、水が出ないようにできるため、部品の交換が可能になります。固着してしまっていて回らない場合や、どこにあるのかわからないといったときには、元栓を締めてしまうという方法でも水は止めることが可能です。いざというときのためにも、どちらもどこにあるのかは確認しておくことが必要でしょう。

■まとめ
水道の水漏れなどが起こったときでも、まずは止水栓か元栓を締めることで応急処置となり、被害を抑えることができます。場所の確認をしておくとともに、どんな道具を使って閉めることができるのか、試しておくことも必要になってくるでしょう。実際に1回でも試したことがあれば、何かあったときでもすぐに対応できるようになるのですから、事前に確認しておくことが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ